念願の不動産を購入|住宅ローンについても考えよう

集合住宅
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 有用な空室対策

有用な空室対策

集合住宅

貸し手の立場からの活用

不動産仲介業者の中には仲介手数料無料の物件を扱っているところがありますが、貸し手の立場に立ってみると有用な空室対策として利用できるでしょう。不動産賃貸を仲介してもらったときには仲介手数料として家賃の半月分を払うのが基本になっています。これは宅建法によって仲介業者は貸し手と借り手からそれぞれ家賃の半月分の仲介手数料を請求して良いとされているからです。定められているのは上限額であり、貸し手と借り手から受け取った額の和が家賃一ヶ月分までとなっています。もし貸し手と借り手の両者の合意があれば一方のみから家賃一ヶ月分を請求することも可能です。このような仕組みがあるため、貸し手が家賃一ヶ月分を払うと決めれば仲介手数料無料で不動産の宣伝を行ってもらうことができます。借り手にとっては仲介手数料は大きな負担であり、初期費用を少しでも減らしたいという借り手からすると仲介手数料無料の物件は魅力的なものになるのです。仲介手数料無料なら少し理想から外れているものであっても問題ないと考える人も多いでしょう。空室が少しずつ増えてきてしまったけれど、家賃は下げたくないし設備投資なども行えないというときにはまずは仲介手数料無料で宣伝を行ってくれる不動産仲介業者に依頼してみるのが良いでしょう。一時的な収入が少し減るだけになるので大きな損失にはつながりません。場合によっては代わりに礼金を追加することによって相殺することも可能です。